08 -<< 2017-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宴会芸シリーズ1:昭和風ヴィラロボス前奏曲第1番


説明欄には「ロボスの前奏曲昭和枯れススキを­知っている方しか面白くないかも(^◇^;)...」とありますが、「ロボスの前奏曲」しか知らない私でもめっちゃ、面白かったです。両方知っている方は、そうとう面白いと思います!

↓ロボスの前奏曲1


↓昭和枯れススキ(これぞ昭和!w)


宴会芸シリーズ2:練習曲第2番これでいいのだ


コメント欄には「宴会芸というより名人芸の域」とありましたが、まさに!

この調子で「宴会芸シリーズ6」まで続きます。

宴会芸シリーズ3:アラビア風酒は涙か溜息か 
宴会芸シリーズ4:夏の団子アンスカイ (Tango medley) 
宴会芸シリーズ5:影を慕いて(カタロニア風) 
宴会芸シリーズ6:ゲゲゲの練習曲5番 

こんなギタリストもいいですね笑
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類


この動画を見せたはちコの第一声は
「シャツの色がキレイ!!」でした(そこかい!)。
イケメン度も確認したところ太鼓判でした。
7種ぽいですね。


曲はバリオス・マンゴレの遺作「過ぎ去りしトレモノ」をチョイス。この曲は、「最後のトレモノ」「神の愛のほどこし」などとも呼ばれているようです。とても美しい曲で、曲の冒頭から出てくる印象的な連続した8部音符は、老婆がドアをノックする音から着想を得たようです。

マンゴレはサン・サルバドーレでレッスンをしていました。突然、誰かがドアをノックしました。ドアを開けると老女が腕を差し出して言いました。「神の愛の施しを」。数枚のコインを与え、笑みを浮かべながら生徒のところに戻ると言ったのです。「新曲を書いているんだが、どうすればいいかが判ったよ。ドアをノックする音を曲に合体させよう」。彼は同年の8月7日に亡くなりました。曲は完成していましたが、タイトルはありませんでした。あの場にいた生徒がこの話を打ち明け、それで『神の愛のほどこし』と呼ばれるようになったのです。また、マンゴレの最後の作品であることから、『最後の歌』と呼ばれることもあります。
このノックは1小節目から現れ、最後まで続きます。反復する8分音が2個で示され、主旋律のトレモロに対してカウンター・リズムのメロディの役目を果たしています。(出典

 

話はイケメンギタリストに戻りますが、知るきっかけはヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」の楽譜を探していたところ偶然、彼が編曲したものを発見しました。6弦をDに下げた編曲になっていて、とても綺麗な響きだったので、5.99ドルで購入しました。アメリカで活動しているようです。名前は、Brandon J. Ackerとあります。興味のある方はいろいろ動画をアップされているのでご覧ください。



この曲、練習して形になればアップしたいです。

(なかなか仕上がらないですが…)
今年こそは、以下の練習中の曲もアップしたいと思っています。

・ヴァイス ファンタジー
・ヴァイス パッサカリア
・バリオス 大聖堂Ⅲ

ご挨拶が遅れてしまいましたが、どうぞ今年もよろしくお願い致します!ぼちぼち更新していきたいと思っています。

はっち






  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
やっぱり群を抜いてオモシロイ
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
DSC_0216.jpg

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

はちコの叫び声。

どうしたのか聞いてみると
なんとゴキブリホイホイに蛇が…とのこと。

はっち「大きい?」
はちコ「小さい」

はちコ「埋めてきて…」
はっち「…」

(しばらく放置)

ゴキブリホイホイをもって畑に行き、
鍬で穴を掘って、さあ埋めようかというその時…

ホイホイ「ピクっ」
はっち「ん?今、動いたような…」

よーく覗き込んでみると、
ピッタリとくっ付いて身動きが取れなくなっているものの
なんと!まだ生きているではありませんか。

すぐさま家に戻り

はっち「まだ、生きちょうで!」
はちコ「…、うそ…」

すぐにネットでゴキブリホイホイからの救出方法を調べてみると
ちゃんとありました。

植物油がいいとのことで、グレープシードオイルをかけてみることに。

閲覧注意①(へびetc…の画像) 

爪楊枝で剥がそうにも、まったく剥がれる気配なし…
もう一度、ネットで調べてみると、水でふやかすのもいいとのことで
水もかけて、様子をみることにしました。

数時間後、様子を見にいってみると、

閲覧注意②(へびetc…の画像) 

あんなに強力にくっついていた尻尾の部分が取れているではありませんか!
これなら、剥がすことが出来るかもしれないと思い、
再度挑戦してみるも、やはりまだビクともしません。

また、しばらくして見にいってみると、

あと少しになっているではありませんか!!!

これならと思い、ナイロン手袋をしてオペ開始。

無事、救出に成功し、元気に帰って行きました!

よかった〜

PS
実はヘビは、一番苦手なのですが、手袋をしてですが、撫でてみたり、声をかけたり、愛のマントラを唱えたりしているうちに、蛇に対する心理的な壁が壊われ、かわりに一体感が生まれるような感覚がありました。「愛を拡大する」ってこういうことの積み重ねなのかな〜とも思います。何はともあれ、救出できてよかった!よかった!

番外編
KPさんのコメントより


ヘビ「おっ!!何か暗くてちょうどいいねぐら発見!!ニョロニョロ〜。おお!いいね!」

数分後

ヘビ「あれ?なんか動けん・・・」

次の日

はちコさん「ぎゃーーーーーーーー
ぎゃーーーーーーー 」

ヘビ「ぎゃーーーーーーーーーーー
ぎゃーーーーーーーーー 」

「人間きたーーー!!!助けて〜。食われる〜。あれだ、多分蒲焼きとかにされるんだ!!ぎゃーーーーーー
ぎゃーーーーー」

はっちさん「愛しています。愛しています。愛しています。・・・」

ヘビ「うわ〜、なんかお祈りされとる。あれだ、食事前の祈りってやつだ・・・。ニョロ〜。」

数分後

ヘビ「また来たよ。冷たっ!!何かかけられた。これ油やん。直接行く気だ、、、直火コースだ・・・・。ニョロ〜。」

はっちさん「愛しています。愛しています。愛しています。・・・」

数分後

ヘビ「何とか脱出せねば。人間がいなくなった今がチャンスや!ニョロニョロ〜。あっ、少し動けた。」

数分後

ヘビ「うゎ〜〜、また人間来た〜。もう少しだったのに無念・・・あれ?逃がしてくれた。え?食わない?マジで?そっか、ありがとう。ほう、愛のマントラ、そうですか。確かに気持ちよかったかも。死ぬ前の恍惚感だと思ってた。これから唱えてみますわ。皆にも伝えときます。そして、仲間をいっぱい引き連れてまた来ます。ありがとう。」


ヘビ「いや〜、それにしてもヘビーな一日だった。・・・・ヘビだけにね。」



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
中秋の名月、スーパームーン、空や風、星、緑、虫たちの鳴き声…
自然に意識を合わせると、これまでにない幸せを感じるこの頃です。

さて、
この夏から秋にかけて、縁あって3歳児&5歳児を預かり、多くの時間を過ごしました。子どもがいない私にとっては、これまで学んだことを実践する機会であり、その大変さ難しさ奥深さを身をもって経験する機会でもあります。

子どもを保育園に預けるとかなりの頻度で病気をもらってくるようです。3歳児&5歳児も普段は保育園に超長時間、預けられているので病気をもらっては我が家へと療養にきています。また病気になる根本には愛情不足もあるのだと思います。

小さな子どもにとって愛情は、ごはんより大切なもののようです。3歳児&5歳児も愛情に飢えているようです。「気を吸い取る怪獣」という表現もありますが、物凄い勢いで甘えてきては、私とはちコの愛情(気)を「チュルチュルと吸ってきます」笑。なんだか、今日は動物が子どもにミルクをあげているイメージが湧いきました。

20130423junyu3.jpg
(3歳児が大好きなワオキツネザル出典


邪気の影響もあるだろうな〜と思いつつ、昨日から熱を出している下の子をシャワーをかけながら、邪気を払うように全身を撫でてあげました。その時、愛のマントラを唱えながらやっていたら、なんとも幸せな気持ちになりました。

万人に与えられている人生のミッションが、「愛の拡大」であるならば、それを果たすため、この子たちは私にとってかけがえのないのない存在なのかもしれない。

エゴを愛に置き換えることができますように…





  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

gayatori mantora

「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すホ・オポノポノが効果があることは広く知られていますが、人類が授かった最強のマントラといわれるガヤトリーマントラを繰り返し唱えることは計り知れない効果があることはあまり知られていないようです。

はっち


オーム
(宇宙のはじまりのめでたき音)

ブール ブワッ スワハー
物質的な世界、心の世界、天界。〔そのすべてに満ちている〕

タット サヴィトゥール ワレーニャム
至高の「あの存在」のみなもとをたたえます。

バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
精神の光を、「あの存在」の聖なる真理を、深く瞑想いたします。

ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ
知性によって、われらに光があたえられ、絶対の真理をさとることができますように。

(正しくものを見る目が開かれますように。神さまどうかお導きください)
【転載元】


【動画】
ガヤトリーマントラの基本知識

【音源】
ガヤトリーマントラ無料ダウンロード

【CD】
ガヤトリーマントラのCD

【ガヤトリーマントラに関する超オススメ書籍】
P1030138_convert_20111210173407.jpg
【ガヤトリー・マントラの祈り】
P88に必見のメッセージ有り!!



  【ガヤトリー・マントラに関する美術作品】
P1030141_convert_20111210173502.jpg
 【アージュナー・チャート】
※二度と作れない貴重品らしいです!



 【中西征子さんが描かれた至高四柱】       
左上:サラスヴァティー女神
右上:ガヤトリー女神
左下:サーヴィトリー女神
右下:アンナ・プールナー女神
至高四柱縮小版1
【神々・妖精のイラストより転載】

 

オススメ 

side_logo_20140330005816bc2.png                    
 

四万十からの写真

 

プロフィール

 

ぷるぷるカウンター

 

検索フォーム

 
 
 
 
 

Twitter

hatti526 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。