スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチの巣①

祖父のところで飼っている鶏が小さな鶏小屋で青空もみることができないので、畑の空きスペースで青空の下で放し飼いにしたいと祖父に言ったところ快諾してくれました。さっそく準備をしようと新しく鶏小屋をつくろうとしているところに、な、なんと蜂の巣がありました。ネットでハチについて調べてみるとどうやら、スズメバチの巣であることがわかりました。近づいてみてみると、見張り番のハチがでてきました。うーん、どうしたものか。。。しばらく考えてさらにネットでしらべてみるとこんなのがでてきました。

ハチの巣を見つけたら

このサイトによると

「巣は1年限りで
 使い捨てられ、
 翌年使われるこ
 とはありません」


と書いてありました。11月には巣は空になり、新女王バチだけが朽木などのなかで越冬するそうです。駆除はしたくないとおもっていたので、これで巣が空になるのを待つ決心ができました!

竹下さんの東洋医学セミナーの中でも、竹下家にハチの巣ができて奥さんの泰子さんが刺されたエピソードがありました。竹下家も駆除をせずに巣が空になるのを待って、その間は、ハチとうまく共存したという話がありました。それを見習いたいとおもいます。


また沈黙の聖者ラマナ・マハリシも蜂の巣を草に覆われた藪と間違えて踏みつけたとき蜂がマハリシの腿を腫れ上がるほど執拗に刺したそうです。そのときのマハリシの言葉がさすが聖者と思わされます。

「そう、たまたま隠れていた巣につまずいただけのことなのだ。しかし、私の振る舞いが蜂の生活を壊したわけだから、蜂が復讐のために私の足を赤く腫れ上がるほどまでに刺し続けたのは正当なことなのだ。偶然かそうでなかったかはともかく、そのような過ちを犯して懺悔しない人間は一体どんな心を持っているのかね」
【沈黙の聖者:すずめ蜂への謝罪 P122-123】


この曲、好きです!
サグレラスの「はちすずめ」



クラシックギター界では「神の手」といわれている名手ジョン・ウィリアムスの「はちすずめ」




--------------------------------------
鶏小屋を作りたいと触発された動画

(動画)自由を取り戻したチンバンジーたちの喜びの抱擁エイズワクチンを作る実験のためにアフリカのジャングルで捕獲され
人間によって苦しめられてきたチンパンジーたちが、
檻の生活から解放され、30年ぶりに太陽の光を浴びて
喜びを分かち合う様子が映し出されている動画です。【転載元】

コメント

No title

素晴らしい!感動しました。
これぞ全生命への愛ですね。

No title

ありがとうございます!
非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。