スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACTAについての分かりやすい説明!



MLより転載:

2012年8月7日に首相官邸前で行なわれた反ACTA抗議行動で、project99%の安部芳裕さん
(@abe_yoshihiro)がACTAについて、分かりやすく説明して下さいました。

ACTAご存知の方、非常に少ないんじゃないでしょうか。
ここに集まっている人は一体何してるんだろうと、周りの方、思っているかも知れません。
ACTA-海賊版模造品拡散防止条例というものです。
もし誰かの、例えば私のインターネットのサイトにどこかの著作権を侵害している疑いがあるといった場合は、突然そのサイトをシャットダウンされる可能性がある。
それは外国の政府からも突然シャットダウンの命令がくるかも知れない。

何が怖いかと言えば、例えば日本の政府、情報の隠蔽をしていることが原発の事故以降、明らかになりました。
命に関わるような情報さえ国民に知らせない。
私たちはインターネットや外国からの報道でそういった事実を知ることが出来ました。
もし、外国のニュースを日本に翻訳してそれを自分のブログに書いて「日本の政府はこんな嘘をついている」といったことを広げた場合は、そのサイトが突然シャットダウンされる可能性があって、そのブログを書いた人間が捕まる可能性も出てくる。
これは完全な言論弾圧です。
私たちは好きなことが話せないどころか、嘘をついている政府を暴くことも出来なくなります。
政府の色々な腐敗、それを暴こうとすることが出来ないということは、もう政府が好き放題出来るということです。
何をされても国民は抵抗が出来ない。
そこに立ち向かおうとすれば捕まってしまう。
情報もすぐにシャットダウンされて周りの人間も知ることが出来ない。
これは独裁国家じゃないんですか?
こんな超管理社会を許していいんでしょうか。
私たちがここで反対しなければ、もう超管理社会は目の前です。


日本の政治家はこの法案の中身も知らないままに参院では可決してしまいました。
読んでも内容が分からないと言っていました。
話になりません。
ヨーロッパでは250万人のデモが起きている非常に危険な条約なわけです。
日本のマスコミはこれを全く報じない。
政治家は知りもしないで可決する。
官僚はそういう危険性があることさえ説明しない。
知ってるくせに(?)。

この国は何なんですか。
おかしいですよね。
私たちが声をあげないでどうするんですか。
もっとたくさんの人が集まって、ここで反対の声をあげましょう。
ACTAを潰しましょう。
ACTA反対!

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。