船井幸雄氏:船井幸雄のいま知らせたいこと

今日のシャンティフーラの映像配信で大麻について触れられていました。大麻というと暗いイメージしか無かったのですが、Twitterやブログ等で大麻の利用価値について情報発信しているのを時折、見かけるようになりました。また社会的に影響力があり、情報通の船井さんもブログや著書で大麻のことを取り上げられるようになりました。下記の記事を読んでも大麻取締法って一部の人の利益のためにある感じがものすごくします。もし大麻に違法性がなく、素晴らしいものであるならば広がってほしいなと思います。まずはニュートラルな立場で注目していきたいです。


転載元:船井幸雄のいま知らせたいこと

「大麻取締法」のフシギ

 日本の立法府と行政機関は狂っているのではないか? ……それともGHQ(占領軍)=アメリカに押しつけられた法律だから、いまもアメリカのマネをしているのか? ……というフシギな法律があります。
 それは「大麻取締法」という法律なのです。
 戦後アメリカのいうことをきいて、害があるというので、世界中で禁止の方向に行った大麻草やその加工品は、1990年ころからこんなに有効なしかも無害といっていい植物が他にないことが分り、いま世界中で解禁されつつあります。
 その中でアメリカ連邦政府は、年間80万人も逮捕者を創っていますし、ついで日本でも2000~3000人が逮捕されています。しかし、他の国では1人も逮捕されていません。それが大麻草とその加工品についての栽培や所持についての罰則の実情です。
 大麻というのは、俗にヘンプと言われていますが、麻科の1年草で110日で高さが3m-4mになり茎の直径も2-3cmになる、まっすぐ上にのびる生育の早い植物です。
 いま分っているところでは、この大麻草は衣料、紙、建材、エネルギー(石油の代替品になります)、医薬品、嗜好品など用途は多く、害はほとんどないということです。 嗜好品としてもタバコやアルコールよりは全く安全で、しかも大麻草自体は肥料が不要、それでいて連作は可能で土壌の改善までしてくれる植物だというのです。放射能汚染にも効くもようです。
 それがどうして日本やアメリカでは目の仇にされるのか、などの実情が分りました。 実に人間って我欲のかたまりの動物ですね。
 私はいろいろ考えるところがあり、8月初旬に『悪法!!「大麻取締法」の真実』という本をビジネス社から船井幸雄著で出すことにしました。
 きょうは同書にどんなことを書いたか、同書の「はじめに」の一部と全目次をここに紹介し、日本とアメリカがなぜ狂ったようになっているかをはっきりさせたいと思います。
 まず「はじめに」の一部から紹介します。これは今年6月25日に書いた文です。
 ではお読みください。

【つづきはリンク先でどうぞ!】
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201207005

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム