07 -<< 2017-08 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2012年、日本経済は大崩壊する!』

気になる本の紹介です。

船井幸雄.COMより転載


~船井幸雄がオススメする本をご紹介~

『2012年、日本経済は大崩壊する!』
朝倉 慶著 幻冬舎刊(2011年7月発行)1,575円(税込)




【緊急警告】 世界的な商品高騰、
日欧米の国債暴落により
世界連鎖危機が起こる。―
資本主義システムの破綻を前に、
個人がいかに資産を防衛すべきかがわかる!

「2011年、市場の混乱の予兆はすでに現れている。
借金まみれの先進国、インフレ爆発の新興国、
反体制デモが続発している中東・北アフリカ諸国…。
世界各国がこれほど行き詰ったのは人類史上、初めてだ。
我々は人類史に残る経済大崩壊の体験者となるだろう。」



はじめに

第1章 暴走するコンピューター支配で、市場の崩壊は加速する
・震災後の株暴落で膨大な数の投資家が大損した
・なぜ先物取引は株式市場で甚大な力を持つのか
・株式相場で大儲けをしていたのは得体のしれない無名の証券会社だった
・人間の頭脳を超えている! 驚異的な利益を手にした者の正体
・個人投資家が相場で損をし続ける本当の理由
・コンピューターに操られている株式市場に救いはあるのか
・ニューヨーク証券取引所が凋落したのはなぜか
・個人投資家がヘッジファンドのカモになるのは必然である
・3ヵ月間トレーディングで毎日確実に儲けるという完全試合が可能になった!
・リーマン・ショック後、米国の金融機関が莫大な収益を得ているのはなぜか
・日本でもコンピューターによる高速取り引きがブームになるのか
・コンピューターが市場を完全に支配する日

第2章 商品価格の高騰でインフレ爆発が起きる!
・中東や中国もインフレの波から逃れられない
・インフレの波が先進国に迫りくる
・金利上昇は止めようもない世界的な流れである
・マルサスの『人口論』の予言通りになった
・資源と食料価格が続伸。下がる要因は一つもない!
・地球最後の日のためび世界種子貯蔵庫の実態
・急騰するトウモロコシで、世界を牛耳る米国
・暴騰するトウモロコシは中国にとっては核爆弾である
・「のんびり構えている暇はない。世界の食料価格は危険水準に達している」
・日本ではエネルギー価格が暴騰し、危機的な状況になっていく
・早ければ秋には日本にインフレが到来する
・震災の影響で、農作物や魚の供給が止まるのは秋からだ
・日本経済にもいよいよ穀物高騰が襲ってくる
・仕掛けられた銀の暴落。それでも商品は上がり続ける
・政府と銀行、ヘッジファンド、取引所がグルになったとて、2012年インフレ爆発は避けられない
・ジョージ・ソロスの情報操作と裏の顔


第3章 2012年に向け、日本経済はどうなるのか
・日本の債券暴落の予兆①最大の買い手がもはや購入できない
・日本の債券暴落の予兆②公的年金は購入どころか売却せざるをえない
・日本の債券暴落の予兆③国債安全説は盲点だらけ
・債券の仕組みを理解すれば、事の深刻さがわかる
・日本の債券暴落の予兆④郵政グループが直近1年で9兆円も売却!
・バブルとその崩壊は繰り返され、規模は巨大化する
・経済実験台の日本はいつまで罠に気づかないのか?
・国債を「リスクゼロ」とするBIS規制に踊らされている日本の銀行
・BIS規制に抜け穴をつくった欧米、財政破綻に向かう日本
・国際的な陰謀は日本の生命保険会社にも及んでいた!
・国家による金融抑制はすでに限界にきている
・市場の反乱は起こらないと頑なに信じる日本の金融機関
・「13倍のリスク」と言い放った日銀総裁に日本経済を任せられるのか
・想定外のことが起きる時に過去の数字を使う日銀総裁の愚行
・日本の国債暴落時に利益が出るオプション取引が人気の理由

第4章 2012年に向け、米国・EU・中国の経済はどうなるのか
・米国政府の上手をいく天才投資家たち
・QE2終了後の米国債はどうなるのか
・大恐慌オタクのバーナンキは米国経済に貢献しているのか
・2011年夏~2012年にかけて債券相場が大暴落する
・名だたる日本企業の株が中国に食い荒らされている
・価値の低下した日本株がなぜ中国にとっては魅力なのか?
・国家資本主義の中国に呑み込まれる日本
・中国バブルの崩壊を確信する世界の投資家たち
・中国の地方政府は莫大な債務を抱えていた!
・中国はバブル崩壊かインフレで沈むかの二者択一
・中国の巨大な胃袋が資源と商品の高騰に拍車をかける
・欧州危機はこれからが本番。あとは大波乱を待つのみ
・欧州の景気格差は悪化の一途、ユーロ圏は確実に崩壊する
・ギリシャ債務危機で露呈したヘッジファンドによる裏取引
・ギリシャ危機で露呈したS&Pの相場操縦法
・なぜECBの総裁にイタリア人のドラギが選ばれたのか
・ドラギ総裁選出からユーロの今後が明らかになった

第5章 日本人が資産を守るために知っておくべきこと
・世界銀行の総裁が金本位制への移行をほのめかした!
・世界主要国は金へとシフト。金を購入したら離すな
・プラチナが今こそ買い時の理由
・株はハイパーインフレ時には強い。ならば買ったほうがいいのか?
・ドル、ユーロ、円、元の中で保有したほうがいい通貨はどれか
・資源国の通貨に投資するFXや、不動産投資も悪くない
・海外に口座を開くという甘い誘惑、騙される日本人
・国家が破綻する前に、海外に口座を持つほうがいいのか


あとがき


  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

gayatori mantora

「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すホ・オポノポノが効果があることは広く知られていますが、人類が授かった最強のマントラといわれるガヤトリーマントラを繰り返し唱えることは計り知れない効果があることはあまり知られていないようです。

はっち


オーム
(宇宙のはじまりのめでたき音)

ブール ブワッ スワハー
物質的な世界、心の世界、天界。〔そのすべてに満ちている〕

タット サヴィトゥール ワレーニャム
至高の「あの存在」のみなもとをたたえます。

バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
精神の光を、「あの存在」の聖なる真理を、深く瞑想いたします。

ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ
知性によって、われらに光があたえられ、絶対の真理をさとることができますように。

(正しくものを見る目が開かれますように。神さまどうかお導きください)
【転載元】


【動画】
ガヤトリーマントラの基本知識

【音源】
ガヤトリーマントラ無料ダウンロード

【CD】
ガヤトリーマントラのCD

【ガヤトリーマントラに関する超オススメ書籍】
P1030138_convert_20111210173407.jpg
【ガヤトリー・マントラの祈り】
P88に必見のメッセージ有り!!



  【ガヤトリー・マントラに関する美術作品】
P1030141_convert_20111210173502.jpg
 【アージュナー・チャート】
※二度と作れない貴重品らしいです!



 【中西征子さんが描かれた至高四柱】       
左上:サラスヴァティー女神
右上:ガヤトリー女神
左下:サーヴィトリー女神
右下:アンナ・プールナー女神
至高四柱縮小版1
【神々・妖精のイラストより転載】

 

オススメ 

side_logo_20140330005816bc2.png                    
 

四万十からの写真

 

プロフィール

 

ぷるぷるカウンター

 

検索フォーム

 
 
 
 
 

Twitter

hatti526 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。