スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEVADAブログより

10/2に竹下氏の福岡講演にいってきました。
最初に世界情勢の話が一時間程ありました。
世界経済が崩壊するのは、本当にあともう少しのようです。
竹下氏のあまりの必死さに間近に迫っていることをリアルに肌で感じてしまいました。
紙切れになるまえに金(きん)や土地にかえて資産をまもりましょう!といっても私自身は、まもるほどのお金はないのですが。。。救いは、田舎に住んでいて、生きていけるだけの土地や畑があることです。

部屋の窓から撮影
稲刈り
本日、我が家の稲刈りが終わりました!

--------------------------抜粋開始----------------------------------


ガタガタになってきた金融市場より抜粋

このような状況を事前に察知したヘッジファンドは売り崩しを狙っている筈であり、個人が買いこんできた資源国通貨は今や大崩壊に直面しており、これがオーストラリア・NZ国債売りにつながれば、『日本人が国債を暴落させた』という非難が日本人に殺到し、日本人追放運動にまで発展することもあり得ます。

一部の経済誌で富裕層が日本を脱出して海外に資産を疎開させていると報じていますが、これほど危険なことはありません。
今の日本の国力がいつまでも続くと思っていれば大間違いだからです。
今後、アメリカは、マネーロンダリング等の色々な理由をつけて日本人口座を追放する筈であり、これが世界に広まるのは避けれず、日本人口座の追放・没収が相次ぎましても何ら不思議ではありません。

更に、韓国が国連で訴える従軍慰安婦問題や中国が仕掛ける日本人大虐殺等の反日キャンペーンが世界中で高まることは避けられず、日本人はいやしい民族である=日本人を追放しろ(日本人の資産を没収しても何ら問題はない)という流れが世界中で出来ることもあり得ます。

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。