スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるニュース!

【らばQ】
戦争を止めるため、パプアニューギニアの女性たちが男の赤ちゃんを全て殺害
http://labaq.com/archives/51133795.html
318b1253.jpg

『この戦いに嫌気をさした2つの村の女性全員が、男の赤ちゃんが生まれたら殺してしまうことに賛同したのだそうです。…彼女は涙ながらに、とても残酷で罪深いことだけれど、他に選択はなかったと述べています。…はたして、男の子がいなくなってしまえば本当に戦いはなくなるのでしょうか。』




【田中龍作ジャーナル】
消費税反対エプロン・デモ 「国民は殺されそうです」
http://tanakaryusaku.jp/2012/06/0004464
45af49092f84df70072960a26bce13fd-1.jpg
「消費税はもろに生活に響くので堪ったものではない。キッチンから革命を起こす」「野田(首相)が命をかけるというのなら、その命をもらってやろうじゃないか。悪魔のような政権は一日たりとも我慢ならない」「消費税反対」「店が潰れる」「個人経営の会社がつぶれる」「買い物は毎日のことなので消費税が上がると確実におカネが減る。これまで菓子パン一個を毎日食べていたが、減らさなくてはならない。国民は殺されそうです」




【you tube】
アイスランド革命 借金奴隷金融制度からの脱却


dandomina さんが 2012/06/10 に公開
アイスランドは腐敗した政府を辞職させました。憲法改正について、一般市民による集会が組織されました。銀行は国有化され、民間銀行によって作り出された借金の返済はしな­いことを決定しました。すべては平和的に行われました。
もしも、世界の他の国々がこの例を採用したとすれば。。。




【you tube】
体制がロンポールを恐れる理由 リバティ運動の本質とは


dandomina さんが 2012/06/06 に公開
6月3日のルイジアナ党員集会では、46人代議員中ロンポール支持派が27代議員を獲得しました。ただ、その前に、ロンポール支持者が警察により、暴行を受け、逮捕までさ­れたのです。体制派が本当にロンポールという現象を恐れているという証拠だと理解しています。ロンポール支持者が「いったい体制が何を恐れているのか?」という点をちから強く説明して下さっています。この彼は私のリビア関連で、もっとも人気のあるビデオの一つ「リビア : カダフィが殺される3つの理由 衛星+アフリカ通貨基金+統一」の製作者でもあります。現在、ロンポールの支持活動を積極的に行っています。





コメント

No title

赤ちゃんを殺すなんて。そんな事をしてはいけません!戦争をやめる方法が間違っています!
人の命を代償に争いは止まりません。
1人1人の平和への祈り、そして1人1人が幸せな心を育むのです。それしが戦争回避の最大の近道なのです!

Re: No title

ひまわりさん

> 赤ちゃんを殺すなんて。そんな事をしてはいけません!戦争をやめる方法が間違っています!
> 人の命を代償に争いは止まりません。
> 1人1人の平和への祈り、そして1人1人が幸せな心を育むのです。それしが戦争回避の最大の近道なのです!

おっしゃる通りですね!私もそう思います。

この記事を読んだとき、他人事のように思えませんでした。また自分だったらどのようにしただろうと思いを馳せました。本当にいろいろ考えさせられる記事だと思いました。
非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【気になるニュース!】

【らばQ】戦争を止めるため、パプアニューギニアの女性たちが男の赤ちゃんを全て殺害http://labaq.com/archives/51133795.html『この戦いに嫌気をさした2つの村の女性全員が、男の赤ちゃんが生ま

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。