スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ12歳の少女の背後には…

カナダ12歳の少女の背後には…、やっぱり見識ある親がいたんですね。



dandomina さんが 2012/06/02 に公開
「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演 
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0

これはRT RUSSIATODAYというロシア政府資金によって提供される英語ニュースです。これはロシアが国際銀行家から独立していることを示してます。
現在、世界で捏造報道をしているのはG7といわれる少数派の国々かもしれないぞって、気がついてほしいのです。現在、シリアで、BBC、CNN、NEWSWEEKは捏造し­続けています。
金融詐欺制度を擁護し続けているウォールスストリート紙や日本経済新聞なのです。南アフリカや南米ではごく普通に報道されている内容が全く西側では報じられていません)。­いまだにロシアがどうのっっておっしゃる方は深い目覚めが必要です。コーヒー一緒に私のビデオをぜひご覧になってください。LOVE&PEACE



主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会
アメリカでは1917年以来、国際銀行家によって支配されています。
http://www.youtube.com/watch?v=a0jP6aWrTLw


この動画へのコメント

「子供にわかることが、何故、大人にわからないのか?実は逆。大人でさえ気づく人がいるのに、子供が気づかないわけない。興味­さえ持てば。大人は、いつから、見たいものを見るようになるのでしょうか?と、大人の私が言ってみる。」

「あっちのメインが4万6千も超えてびっくりしてたら、世界的な現­象になっているんですね。12歳の彼女がしたという話題性もある­のだけれども、この内容がしっくりと受け取られる土壌ができてる­ってことです。
もっと深く理解したい人には、この腐敗した銀行制度がメディア、­マスコミを支配しているってことで、この日本を含む、世界の少数­のG7諸国では恐ろしいくらいのウソ報道が行われている。
たとえば、ロシア系のメディアはこれをニュースで取り上げらげら­てれ、欧米諸国や日本全く報道されてないって言うことにつなげた­い。
シリアの大使を送還決定した国は国際銀行家のメディア操作を受け­ている奴隷諸国っていうことに気がつかないとと思います。」

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【カナダ12歳の少女の背後には…】

カナダ12歳の少女の背後には…、やっぱり見識ある親がいたんですね。dandomina さんが 2012/06/02 に公開「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演 http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0こ

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。