07 -<< 2017-08 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter情報

【原子力エネルギー問題に関する情報】
原発とクラスター爆弾製造に融資している日本3大メガバンク
http://blog.goo.ne.jp/kimidoriaoi/e/cf2749878e0cf80e051ad242dd03c654
「世界で一番子どもを殺している爆弾のクラスター爆弾(殺される98%が民間人。うち4割が子供)、調べてみると作っている会社に融資していたのは、「三菱東京UFJ」「みずほ」「三井住友」日本の3大メガバンクでした。この銀行にお金を預けている方は、世界の子供を殺すことに一番貢献している。」



【@Hatanaka810】
桜島が大噴火中!!… 画像はコチラ
https://twitter.com/Hatanaka810/status/205056259731357696/photo/1

AtiBl.jpeg
↑自然現象は人間の心や在り方と切り離せない関係らしいです。




【Face book】
福島県の子供の病死者数の推移
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=316996735041125&set=a.159245860816214.40460.100001924035179&type=1
295086_316996735041125_100001924035179_52947128_1168490296_n.jpg




【newsポストセブン】
原発報道で日テレ辞めた元解説委員 学生に真の報道精神伝授
http://www.news-postseven.com/archives/20120522_109406.html








  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Twitter情報】

【原子力エネルギー問題に関する情報】原発とクラスター爆弾製造に融資している日本3大メガバンクhttp://blog.goo.ne.jp/kimidoriaoi/e/cf2749878e0cf80e051ad242dd03c654「世界で一番子どもを殺している

コメント

是非教えてください

貴重な情報ですね。クラスター爆弾を製造しているどの会社に日本の3大銀行融資しているのか、是非教えてください。広められればと思いますし。 リンク先を見てもわからなかったので、是非ともお願いします。 

No title

クラスター爆弾製造会社への融資の件、私も興味があったので、調べてみました。以下のサイトが参考になるようです。ご参考までに。


http://blogs.yahoo.co.jp/jieijieitaitai/10291630.html

http://blog.livedoor.jp/hikochan4556/archives/50893904.html

http://www.jcbl-ngo.org/jo3i06518-23/?block_id=23&active_action=journal_view_main_detail&post_id=392&comment_flag=1

No title

笑点さん

Serenaさんが紹介してくださっているリンク先がとても参考になるとおもいます。拡散よろしくお願いします!

No title

Serenaさん

本当にありがとうございます!!

私自身、メガバンクの見た目の立派さクリーンなイメージに騙されて価値観が本当の意味で転換するほど銀行が諸悪の根源だと分かっていません。

真実を探求し価値観の転換をはかるというが大事なんだろうなと再確認させていただきました!

銀行によって苦しめられている人々が楽になるためにも私達が銀行の正体を見破ることが重要なんでしょうね。

賛同できません。 ごめんなさい 

Serenaさん はっちさん。わざわざお調べいただいての投稿ありがとうございます。
たた残念ながら、このレベルの情報では、もしこの記事を私が展開した場合には、現時点では私自信のヤマ(禁戒のうち特に正直に反する、何故なら嘘の流布ですから)と、ヤマニ(勧戒の内読誦に反する:心をいたづらに乱す内容を人に勧める事になりますから)に反すると思っています。だからこの内容を人に展開する事はできません。

Serenaさんの紹介してくれたサイトについて述べますが
1、最上部のサイト:三宅さんという人がどういう人かはわかりませんが、ジャーナリストを名乗っているだけまだ論ずるに値します。ただ2010年からブログが更新していない事。銀行の現状でのクラスター爆弾製造企業への融資の記事とその証拠はまったく記載がなかったので、その点で論ずるに値しません。

2番目のサイト テツさんのサイト:残念ながら彼がNGOスタッフという以外は何もわかりません。 
   この人の信用を保証する物はゼロです。この人が嘘をついてい場合、私も害悪に力を貸した事になります。そしてどうやってこの人が嘘をついていないかどうかを選別する基準がわかりません。引用元のデータもありません。この人自体が特殊な宗教に構っている可能性も否定できません。外国人のディスインフォメーション作戦の可能性もあります。また嘘をついたときのペナルティの発生がこの人にはゼロです(つまりすぐ買収できます) だからこのレベルのブロガーの引用は私には無価値です。

3番目のサイトだけは論ずる価値がありました。引用基、責任者の記載がありました。 ただそれでも融資の証拠の記載はみつけられませんでした。ただこのサイトの姿勢は一面的ではありますが、他の二つよりはずっと高く評価します。 ただ皮肉な事に私はこの記事でハッチさんとは逆に日本の銀行への信頼が深まりました。

最後に結論から言うと明快な根拠とできる事実が明らかでないこの状況下では
この記事は私としては外部には展開できません。
なぜなら私の考えるヤマとニヤマに反するからです。
自ら責任をもって語れない情報、もしくはそれが無理なら責任を担保する存在がない情報を展開するのは嘘の流布とどう違いがあるのでしょうか。仏教でも両舌といって禁戒にあったと思います。
だから残念ですが私はこのレベルの実証性ではこの記事を世間には広められません。

何故そう思うかというと私にイジメの経験が多々あるからです。
体験がベースですが、その時に一番嫌だったのが、この風説の流布です。

その際のキーワードがは二つです。
①あいつだったら嘘でも広めて良い
②もともと悪人だから何を言ってもいい。
このキーワードを元にすざまじい悪評の伝播があり、イジメが広がるのを身をもって体験しています。そしてイジメの対象がすぐ流転するのも知っています。
私もあいつの親は〇〇だとか、汚物愛好家だとか広められて辛い思いをした経験があります。

だからたとえ噂をする相手が銀行だろうと、ヤクザだろうと、証拠なき噂の流布には断じて賛同できません。
もう少しわかりやすくいうと例えば住んでる町内にヤクザの事務所があって窃盗や恐喝の逮捕者も何人もでているとします。じゃ彼らに対し、「人殺しの集団、とか、奴らは人肉を食ってる」とか根拠なくいって良いかという話と同じかと思います。 

たとえ嫌いな相手でも私は上記の経験からこういう事はしたくありません。(考えは人それぞれです) 逆に実世界ではこういう風説の流布を決してしない人がネットになると簡単に流布をするようになるのが極めて不思議です。上記の理由より、私は自らの品位の名の基に残念ながら今回は情報の拡散を遠慮させていただきます。

なお上記のような理由ではっちさんの銀行を断罪する姿勢にはこのTOPICに関しては1ミリも共感できません。悪しからず。


追伸 逆ネタを出そうと思って笑点と名乗っていましたが、通常は浅次で活動していますので、
敢えてこちらを今後は名乗らせていただきます。

No title

浅次さん

私が参考になればと書き込みをしたサイトが原因で、はっちさんへの信用を失わせてしまうのは申し訳なく、またコメントさせていただきます。

私なりに、あれから調べていましたが、
まず、河野太郎氏のブログの記事
http://www.taro.org/2011/09/post-1088.php

これによると、「クラスター爆弾を製造している会社」は、
Norinco(中国)
SPLAV(ロシア)
Alliant Techsystems(米国)
Hanwha(韓国)
Lockheed Martin(米国)
Poongsan(韓国)
Singapore Technologies Engineering(シンガポール)
Textron(米国)
の8社。

また、オランダの「パックス・クリスティ(IKV Pax Christi)」及びベルギーの「ネットワーク・フランデーレン(NetwerkVlaanderen)」が2011年5月25日に発表した、クラスター爆弾の製造企業に対する金融機関の投資状況についてまとめた報告書『クラスター爆弾への世界の投資:共通した責任』によると、以下の5金融機関が、クラスター爆弾製造企業へ投融資しており、総額で約4億ドルに上るとのこと。

・大和投資信託銀行
・ 三菱UFJフィナンシャルグループ
・ みずほ銀行
・ 野村
・ 住友信託銀行

この5つの金融機関は、クラスター爆弾製造企業への投融資を行っている「不名誉リスト Hall of Shame」に入っています。

http://www.jcbl-ngo.org/jodlt4u09-23/#_23(情報元)

平成22年10月8日付けの全銀協ニュースによると、クラスター爆弾製造を目的とする与信は行わないことを名言していますが、http://www.zenginkyo.or.jp/news/2010/10/08160000.html#extra

日本はクラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)批准国であるにも関わらず、国内法でこれを規制する法律がいまだなく、クラスター爆弾製造が目的の投資は現在行わなっていないとしても、クラスター爆弾を製造している企業自体への投融資は行えるのです。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?tag=クラスター爆弾

クラスター爆弾製造企業への投融資そのものをやめない限り、前述の報告書の「名誉リスト Hall of Fame」に日本の金融機関が載ることは難しそうです。

クラスター爆弾の件だけでなく、私たちはあまりに多くのことを知らずに(知らされずに)いました。ですから、知ること、情報を発信することには意味があると思います。浅次さんがおっしゃるように、正しいことだけを発信したいとも思いますが、それが真実なのか、信じるに値する情報かどうかは、結局、読み手次第なのではないかと思います。発信元が公的機関であれば、或いは大企業であれば、その情報がすべて真実だとは私は考えていません。私の場合は、直感と波動で確認していると言えば、それを理解されない方からは非難されるのでしょうね。

私は、クラスター爆弾への融資に関して意識を向ける切っ掛けをくださったハッチさんの記事に感謝し、さらにこの件に関して、深く調べる切っ掛けを与えてくださった浅次さんのコメントに感謝します。

No title

今まで、ここではみなさんにとてもあたたかく見守っていただき、それが原動力となり、一日の大半を、情報源として時間を費やしてきたのをそばでみてきました。
賛同できない方がいらっしゃるのも当然なのですが、これは一歩階段を昇った昇級試験ですね。
浅次さん、ありがとうございました。
そして、奇しくもはっちの32歳の誕生日に、これほど素敵なプレゼントはないだろうと思われます。
せれなさん、ほんとうに、ありがとうございます。
わたしにとっても、素晴らしいお手本でした。
今からはっちを電話でたたき起しましょう笑
お誕生日、おめでとう!と共に。。

みなさん、ありがとう。

No title

コメント読ませていただきました。
みなさんそれぞれのご意見が貴重でした。

情報って突き詰めると、自分の体験以外のものは真実かどうかも分からず、自分の経験さえも捉え方などで真実が歪められる時があるので、セレナさんが仰るように結局は受け手に委ねられているように思います。とはいえ、嘘情報が氾濫しているのも事実だと思いますので、浅次さんのスタンスは素晴らしいと思いました。そのまま信じるのではなく、自分で調べて、取捨選択することが必要ですね。私のように日々の生活に追われ、かつ面倒くさがりの人(こっちが本質w)にとって、はっちさんの情報はすごくありがたいです。はっちさんの情報を元に気になる情報は自分で調べるようにしています。感謝です!!


と横やりのコメント失礼しました。実は、はちコさんの優しさに感動してコメント入れようとしただけでした。下のことが書き込みたかったことです↓↓。


♪はっちバースデーtoユー、はっちバースデーtoユー、はっちバースデー、dearはっちさ〜〜〜ん♪はっちバースデーtoゆーーーー↑↑♪

素敵な誕生日をお過ごしください☆

No title

普段、なかなかコメントせずに読むだけになっていたので、コメントさせていただきます。

いつもはっちさんからの情報に感謝しています。
竹下先生のおっしゃっていることの補足になる記事が多く、とても助かっています。
せれなさんのおっしゃる「波動や直感」で記事を載せていただいていることもありがたいです。
これは、理屈ではなく科学的な根拠がないものもあるのかもしれませんが、その感覚はとっても大切にしなきゃいけないものだと感じます。

はっちさんもせれなさんも、ご自分たちの大切な時間を読者の方に提供してくださっているわけで…頭が下がります。
知識がない分野は、考える方向性も分からないことが多々あります。
はっちさんやせれなさんがご提示くださる記事は、全ての記事に対し、プロのジャーナリストさんではないし、100%の確認を取ることは難しい部分もあると思います。せれなさんがおっしゃるように「読み手次第」を大切に考えていきたいと思います。

私の中で、どうしても「はっちさんの記事」「せれなさんの記事」と安心して読んでいたのも正直なところで、浅次さんのご意見で自分で調べること、自分で判断することを考えるきっかけになりました。ありがとうございます。

コメントをさせていただこうと思ったら、ボサッペさんのコメントが!
私も同様で…はちコさんのコメントを拝読して、感動しました。はちコさんって、すごくはっちさんを支えていらっしゃるのだな~と改めて感じ、情報発信ははっちさんだけでなく、はちコさんにも感謝を申し上げたいと思いました。

そして、はっちさん!お誕生日おめでとうございます!!はちコさんと素敵な1日をお過ごしになりますように。

ボサッペさんと(勝手に)輪唱します!
♪はっちバースデーtoユー、はっちバースデーtoユー、はっちバースデー、dearはっちさ〜〜〜ん♪はっちバースデーtoゆーーーー↑↑♪

No title

はっちさん、お誕生日おめでとうございます!!
いつも色んな記事をアップしてくださってありがとうございます!!
どうぞ素敵な一日を過ごされますように♪

No title

浅次さん、Serenaさん、はちコ、ボサッペさん、こじかさん

思わず笑ってしまうコメントや手を合わせてしまうコメント、本当にありがとうございます。

浅次さん

自分を見つめる良い機会を与えていただきありがとうございます。福岡の講演会で、お姿を拝見させていただいたことがあります。また、いつかの講演会の直前に機械(PC関係)のトラブルがあったときに、みなさんと協力して必死に対応されていた姿が印象的でした。

竹下さんが提供してくださる情報を、私はほとんど疑うこと無く受け取ってしまいます。理性が働くところではなく、幼子が親の言うことを信じるみたいな感覚と言えばよいでしょうか。私がブログに掲載しているのは、竹下さんの世界観や情報を土台にして、それに見合うと思われるものを掲載しているので、どうしても客観的な視点をお持ちの方から見れば、偏ってみえるでしょうし、好意的な情報や似たような情報に甘くなるのだと思います。確かにこの世界には、いろいろな人がいて嘘情報を故意に流す人や、工作員と呼ばれる人達もいるようですから気をつけなければならいないと思いました。また、自分の安易な情報発信のせいで、いわれなき人が不快に思われたり傷ついてしまったりすることがないように注意したいとも思いました。


Serenaさん

Serenaさんのリサーチ力や研ぎ澄まされた感覚、直感、あたたかさに基づいて書かれたコメントをみて、人としての在り方を教えていただいたような気がします。Serenaさんのスタンスは、私にとってお手本です!Serenaさんがこのために費やされた時間とエネルギーが、ここだけに留まらず、世界の隅々まで行き渡ってほしいとおもいました。

はちコ

叩き起こしてくれてありがとう^^
びっくりやね〜


ボサッペさん

ボサッペさんのスタンスも素敵だと思いますよ!きっと共感されている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか!無理せず、ありのままのボサッペさんでこそ、ボサッペさんの良さが発揮されると思っています!ボサッペさんの誠実さ、あたたかさ、面白さにこれからも注目させていただきますね!素敵なバースデープレゼントをありがとうございます!


こじかさん
コメントに思わず手を合わせてしまいました。ありがとうございます!
話は変わりますが、昨日、素敵な本が届きましたよ!!
しおりもユニークで、ファンにとってはたまりません笑
本にすると竹下さんのメッセージの輝きがいっそう増すような気がします。
こじかさんや泰子さんの波動が乗るからでしょうか。
映像配信とは違った味わいがあり、とても新鮮な感じがします。
力作ですね!これからのこじかブックスの活躍を願っています!!
ありがとうございます!


No title

これだけの情報を収集して、選別しブログに載せるという作業は、なみなみならぬご苦労があったのだということをあらためて痛感しています。

ほんとうにいつもいつもありがとうございます。感謝です。

そして、お誕生日おめでとうございます♪

先日の。。。
野球道の人≒ゴツゴツスパスパオラオラ
(私のなかでは、K原K博氏。。。みたいな)という誤った認識を反省とともに改めました。
私のなかのイメージのはっちさんは、あれ以来いつも、ポロシャツにチノパン、生成りのエプロンをキュッとしめて、ニコッと微笑んでくれています。

No title

ふくちゃんさん

メッセージありがとうございます!
南米から帰国されたでしょうか。
日本の空や風や山や空気がよりいっそう新鮮に感じられるのではないでしょうか。

もう既に素敵な一日になっています!
本当にありがとうございます!
ふくちゃんさんもどうぞ素敵な日々を!

No title

ぺこりんこさん

野球道の人≒ゴツゴツスパスパオラオラ

面白いですね!!確かにそんな感じがします笑。
勝負の世界に身を置き、その論理で生きていたら、穏やかな人でもゴツゴツスパスパオラオラになるんだと思いますよ。私自身、私程穏やかな人間はいないと思っていましたが、監督として活動していたときはゴツゴツスパスパオラオラにどうしてもなってしまいましたよ笑。監督としての最後の一年は、勝負よりも、子供達が楽しくプレーできることを心がけていましたが、現実は厳しく、葛藤も多かったです。今は、そういった勝負の世界から完全に身を引くことができてホッとしています。やっぱり「生活の木」が肌に合うのでしょうか笑

でも、はちコからは「羊のような顔をした狼」だと言われてしまうようなブラックさも兼ね備えていますので、ご注意ください笑

再度述べさせていただきます

Serenaさん コメントありがとうございます。
それと河野太郎氏の引用を始め、貴重な情報のご提供ありがとうございます。クラスター爆弾製造企業に対する全銀協の姿勢などもとても参考になりました。

また機会を提供してくださったハッチさん。ありがとうございます。

ただSerenaさんの投稿を聞いて、大分話がずれてきたようなので、再度投稿させていただきます。まず今回の話で、私にとって問題なのは、「風説の流布、根拠のない噂の展開に加担してもいいのか」という事です。

例えば このハッチさんの元ネタになっている「原子力エネルギー問題に関する情報」のブログ(上部記載より転載、http://blog.goo.ne.jp/kimidoriaoi/e/cf2749878e0cf80e051ad242dd03c654)を拝見しましたが、この記事では題名にこう書いてあります。
「クラスター爆弾製造に融資する銀行」 
しかしその根拠をしめす情報は皆無です。

Serenaさんが尽力して探してくださった結果で、今探し出せている情報でも「クラスター爆弾製造企業に融資する銀行」しかでてきておりません。 
これ、同じように考える人は多いかもしれませんが、実はまったく違う話です。

つまり、このブログの作者はあきらかな情報の改竄または捏造の発信をしているんじゃないかとしか言えない話です。 前者はSerenaさんの紹介してくれた通りの全銀協の規制の対象になる話です。後者はグレーゾーンですが、違法性はない話です。 もちろんクラスター爆弾反対を掲げる者にとっては同じに見えるのかもしれません。 つまり現時点では捏造または改竄としか言いようがない話としか言えないのが実情です。

何故そういうかというと、言われた方は激怒するだろうなと思う話だからです。やってない悪事をしていると言われている訳だから誰でも怒るのは当たり前ですよね。 問題は、これを書いている女性は正体不明、根拠なし、この件に関してまともな引用もない決め付けですよね。これが嘘、風説の流布でなくてなんなのですか?という事を個人として考えるからです。しかも意識はしてないだろうけど実際には匿名で人を攻撃している。なんなのでしょうかと私は思います。

で、 私はヤマニヤマに反するのでこういった事を拡散するのは絶対にしません。という事を言ってるわけです。この人を責めようとは別におもいません。データ消して逃げられたら無駄ですし。それがインターネットの世界ともいえます。 繰り返しますが私が問題にしたのは、クラスター爆弾の話ではなく、情報の取り扱いの話です。で、私は協賛できませんと言ってるだけです。

なおセレナさんのおっしゃるように「知ること、情報を発信することには意味がある」というのはまったく同意です。どんどんやるべきです。自己責任でどんどんやってください。インターネット時代の利点です。ただ発信した後の事も考えずに匿名で嘘に近い内容を垂れ流すのは問題ではないかと話しているのです。これは多くの人も指摘しているインターネット時代の害悪面です。何故なら前の投稿で書いたように嘘の流布が著しく人を傷つける事があるからです。どんなきれいごとを言っても情報発信の後には嘘を流布された側、すなわち明らかに被害者がいる構造ができるからです。私にはそういった無責任な事はしなくないと考えています。 そういった意味でセレナさんがいうように
「真実かどうかは読み手しだい」という論調には私は同意できません。これは明らかに発信側の姿勢の問題と私は考えています。 

さらに言うと、先ほど、風説や嘘を言われた方は怒ると書きましたが、怒るすなわち、闘争と断絶を生むという事です。ヤマニヤマではどう捉えているかわかりませんが、前も書いたように仏教ではあきらかに「両舌」としてこれを否定しているのは闘争を生むからだと俺は思います。仏教を信じているわけではありませんが、これは正しい物の見方と感じています。  

私も少しでも今の社会や世界がよりよい方向に動いてくれればと、日々考えております。 だからこそ、自分が真実を思いこめば、それがどんな闘争を引き起こす可能性があろうと、根拠なく、風説まがいの事を広めて良いとは私にはおもえません。というか、実際の効果を考えても、「不確かの風説の流布」と、多少インパクトが減っても「正確な情報発信」を心がける事とどちらが世界を動かせるのですか? いい加減な情報でも広まれば良いという考え方には私は同意できません。 なぜならこういった精度が不確かな情報については、この忙しい世の中、読みもしない、見もしないという人が多々存在しているのをよく知っているからです。 ちなみに根拠が大事なのは、人間は「納得」の生き物だと思うので、根拠があれば、非難された時でも、怒りが和らぐからです。非難された場合でも非難される根拠がありそれに同意した場合にこそ、納得するのです。そこに話し合い、説得の可能性が広がるからだと考えています。

なお誤解があったようですが、発信元が公的機関、大企業でなければならないとは全く思いません。逆に大企業だから信用できるなどともまったく考えておりません。個人ブログでも、実際私は田中宇、田中龍作、などのブログのファンですしね。要は誰もが納得できる信頼性と真実性に対する担保の問題です。 大手マスコミも信用してませんが、ただあまりひどい「捏造」(改竄、ねじ曲げは平気でやります)をやると一応大手マスコミは社会に叩かれますので、その分だけは、大手マスコミは信用度は幾分増します。それだけです。

なおセレナさんが直感と波動で確認しているという事については、私は個人的には信頼を置いています。Serenaさんに超人的な能力がある事を理解しているが故に、Serenaさんのブログも日々拝見しておりますしね。もちろんそれでも時事情報の内容にはすべて同意とはいきませんけどね。 例え波動が良い人が言っていても物理学や合理的な一般常識を曲げるような話はやはり信用できない場合もあります。しかしそれでもSerenaさんの力については疑いはもっておりません。

ただ、それをもし私が外部に拡散する際は、別の話しと考えています。 もちろんSerenaさんの事を知っている相手には、「Serenaさんも言っている」の一言で済みますが、Serenaさんを知らない方へ情報拡散する場合は、私個人の信用の担保(私が言うなら信じるといってくれる相手)か 引用の場合は記事自体の信用性しか根拠がないからです。 だから特に時事問題は自分が記事の内容の確かさに責任をもてない限りは広められないと思っているだけです。これは読み手ではなく拡散を行う発信側である私の責任と考えて私は行動するだけです。

ただこれはあくまで私の見解です。世の中に誰がどう発信してどう良くしていくかは人それぞれと思います。願わくば、傷ついたり被害にあう人が少ない状態で平穏な世界に移行してくれる事を願うだけです。

以上 ながながと書きましたが、よりよい世界を私も心から望んでおります。できれば闘争より説得で事を成せればと感じております。だから個人的にも嘘が嫌いなだけです。特に日本は信用を大事いするありがたい社会です。根本的には食品や製品を買って、商標とちがった内容物だと不満を持ちますよね。 それと情報発信も同じと考えています。 

人によっても違う意見があるかと思います。ただ相手が誰であれ、いいたい事がいえる民主主義の世界が私は好きなので、意見の相違はあると思いますが、忌憚なく述べさせていただきました。はっちさん、スペースをお貸しいただき、機会をご提供いただいて感謝いたします。

皆様、ご意見ありがとうございます

皆様、ご意見ありがとうございます。
ご意見いただいた方にはコメントを返信させていただきます。(敬称略)

はちこさん コメントありがとうございます。いい機会と捉えて下さるなら、書いた甲斐があります。
より良い世界をつくる為に頑張ってください。 >はちコ

情報が受け手によって変質するのは事実です。しかしここで私がお話しているのは情報発信をする側の心構えの話です。聞いた人がどう受け取るかわからないから、発信する方が何を言っても良いと聞こえますが如何ですか?真実がゆがめて受け取られるなら、根拠のない情報でパーソナリティや感情を傷つけるような物言いは極力避けるべきではないですか?私は絶対そういう加害者になる可能性がある事はしたくないと考えているだけです。具体的な事例をもって「受け手に委ねたほうがいい」という事象について、お聞かせいただければ幸いです。>ボサッペ

ご意見いただきありがとうござまます。感情や直感を私は否定しません。ただ直感で出された記事があきらかに誤り、または認識違いがある場合はどうされますか? 現時点まで竹下先生の引用ブログの中にも多々多々みうけられます。だからこそ先生はエッセンスを掴めとおっしゃっているのだと思います。 一つ一つよく調べてみる事をお勧めします。なお記事についての解釈は当たり前ですがは読み手の自由ではないかと思います。発信とか拡散させるのではなければ、そのとうりかと思います。記事の内容についても、調べる事もがんばって下さい>こじか

竹下先生自信がご自分のブログ情報に対しては、エッセンスをつかめ(つまり全部が真実でない)とおっしゃっています。実際かなり記事内容には誤謬があるので私は何度もユニティに指摘のメールをだしています。 だからこそ、その情報どう外部に発信するかは発信する人の責任ではないかと私は思います。
しかも竹下先生も現世では、神ではない上、現世での経験も少ないので、その意見や認識が誤っていると感じたら率直に申し上げるのが人としての誠実さと私は感じております。
(私は先生をとても尊敬していますが、信仰はしていません)
竹下先生のおっしゃる事のうち時事情報に関しては、完全ではない事を留意された上で、自分の頭で考え、
いろいろと調べられたら良いかと思います。
この世をよくする為の活動、がんばって下さい>はっち

No title

浅次さん

静観するつもりでしたが、ご指名があったので私の個人的な意見を書かせていただきます(はっちさん、コメント欄お借りしますm(_ _)m尚、この件に関しては勝手ながらこれ以上コメントは控えさせていただきます。)。

コメントされている皆さんは誰も嘘の情報を流すことが良いことだとは言っていないと思います。正確な情報を発信することは発信者が一番気をつけるべきことだと思います。その意味で浅次さんのスタンスは素晴らしいと思います。私も大して調べもせずに発信してしまうことも多いので反省しています。

一方で、本当に正しい情報かなんて当事者以外、誰にも分からないですし、正しいと判断しても間違いの場合もあると思うのです。嘘を絶対に言わないような信頼できる人の情報でさえ、その人が騙されて掴まされた情報である可能性もあるわけで。結局、発信者は自分が正しいと判断したものを自己責任で発信するしかないのだと思います。何が真実かが分からない以上、その情報が正しいと思うかは、受け手に委ねられることになると思います(受け手に委ねられているから嘘の情報でも何でも発信して良いとは考えていません。)。(もちろん、発信者は嘘である可能性も考えた上で、相手のことも考慮する必要があるとは思いますし、はっきりと間違いだと分かったときは訂正すべきだと思います。)

また、真実だからこそ根拠や証拠がないことも多いのではないかと思います(というよりは本当に皆さんに知ってもらいたい「悪事や不正」などは、真実だと確信できるような証拠がない場合の方が多いのではないでしょうか)。真偽に拘りすぎると結局何も発信できなくなる気がします(少なくとも私には情報の正確さを上げる努力はできても真偽を完璧に確かめる能力はないので、何も発信できなくなります。だからヤマ・ニヤマに反している可能性もありますが、自己責任で発信するしかなのではと思います。)。真偽が曖昧なときは、「真偽はご自分で判断してください」と書いてあげると親切かも知れませんね。

真偽がはっきりしない情報は発信しないという浅次さんのスタンスは素晴らしいと思いますし、これからも続けて欲しいと思います。それだけ信頼できる情報が集まるでしょうし、とても素晴らしいことだと思います。大変な作業だと思いますが、価値あることだと思いますので頑張ってくださいね。

ではこれにて失礼いたしますm(_ _)m

No title

浅次さんはブログか何か情報発信されていますか?
もしされていたら教えてください。
お邪魔したいです!
よろしくお願いします。

発信情報

この場を借りての返答になり、はっちさんコメント欄を借りての連絡、失礼させていただきます。
情報発信はブログではしておりません。
現在行なっているのはMIXIだけです
それも日常の話が殆どですね。たまに流すスピリチュアル系の話は限定配信しかしてないので、Mixiアカウントをお持ちで興味のある方は、Mixiで「浅次」で申請していただければ、繋がる様に致します。
なお、先行きはFACEBOOKでも発信をするつもりです。>ふくちゃん


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

gayatori mantora

「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すホ・オポノポノが効果があることは広く知られていますが、人類が授かった最強のマントラといわれるガヤトリーマントラを繰り返し唱えることは計り知れない効果があることはあまり知られていないようです。

はっち


オーム
(宇宙のはじまりのめでたき音)

ブール ブワッ スワハー
物質的な世界、心の世界、天界。〔そのすべてに満ちている〕

タット サヴィトゥール ワレーニャム
至高の「あの存在」のみなもとをたたえます。

バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
精神の光を、「あの存在」の聖なる真理を、深く瞑想いたします。

ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ
知性によって、われらに光があたえられ、絶対の真理をさとることができますように。

(正しくものを見る目が開かれますように。神さまどうかお導きください)
【転載元】


【動画】
ガヤトリーマントラの基本知識

【音源】
ガヤトリーマントラ無料ダウンロード

【CD】
ガヤトリーマントラのCD

【ガヤトリーマントラに関する超オススメ書籍】
P1030138_convert_20111210173407.jpg
【ガヤトリー・マントラの祈り】
P88に必見のメッセージ有り!!



  【ガヤトリー・マントラに関する美術作品】
P1030141_convert_20111210173502.jpg
 【アージュナー・チャート】
※二度と作れない貴重品らしいです!



 【中西征子さんが描かれた至高四柱】       
左上:サラスヴァティー女神
右上:ガヤトリー女神
左下:サーヴィトリー女神
右下:アンナ・プールナー女神
至高四柱縮小版1
【神々・妖精のイラストより転載】

 

オススメ 

side_logo_20140330005816bc2.png                    
 

四万十からの写真

 

プロフィール

 

ぷるぷるカウンター

 

検索フォーム

 
 
 
 
 

Twitter

hatti526 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。