スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食で再稼働抗議!

経産省の役人はどうして原発を維持しようとするのでしょうか。役人は、国から給料もらっているので、原発を手放しても生活には困らないはずです。原発が無いと本当に困るのは、原発関連で生計を立てていた原発立地の地元住民や中小企業などではないでしょうか。原発から撤退して、その人達を原発が無くても困らないようにするのが経産省の仕事だと思うのですが、自分達の貪欲のために原発を維持しようとしているように見えます。

ハンストで餓死者が出ても何も思わない役人や政治家がいるだろうな思わせる動画も貼らせていただきます。




OPTVstaff さんが 2012/04/17 に公開
東京・霞ヶ関の経済産業省前にテントを設置し「脱原発」を訴えている市民らが17日、関西電力の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼動に抗議し、集団ハンガースト­ライキを開始した。
 
この日、ハンスト入りしたのは約10人。数日から1週間程度で交代しながら、現在唯一かどうしている北海道電力泊原発3号機が定期検査に入る5月5日までの19日間、続け­られる。この日は、衆議院議員の服部良一(社民党)もハンスト入りした。
 
呼びかけ人の一人、淵上太郎さんは、「どうしても5月5日を原発ゼロでむかえたい」と発言。また、福島から駆けつけたの黒田節子さんは「福島は今でも被曝している。再稼動­は絶対阻止したい」と訴えた。
 
福井県庁ロビーにて、3月25日から1週間ハンガーストライキをしていた明通寺(福井県小浜市)の住職・中島哲演さんも駆けつけ、「福島の子どもたち、日本全国の子どもた­ち、世界の子どもたち、後からやってくる者たちのために、再稼動を許すことなく、原発ゼロの日をむかえることは、大人たちがプレゼントできる最高の贈り物になる」と訴えた­。
 
すべての原発が止まるのは、日本原子力発電東海原発が1969年8月に定期点検を終えて営業を再開して以来、42年ぶりとなる。
 
経産省前テントひろば
http://tentohiroba.tumblr.com






口蹄疫で発熱している牛に対しての赤松元農相の発言です。こういったメンタリティの政治家や役人が高い地位にいたりするのではないでしょうか。

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【断食で再稼働抗議!】

経産省の役人はどうして原発を維持しようとするのでしょうか。役人は、国から給料もらっているので、原生活には困らないはずです。原発が無いと本当に困るのは、原発関連で生計を立...

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。