スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷氏が推す人事を参議院で阻止!

仙谷氏が推す人事なんて絶対信用できません!否決されてよかったです!でも新聞ではまったく逆の報道なんですね。。



SakuraSoTV さんが 2012/04/11 に公開
河野龍太郎氏を日銀の審議委員に登用する人事が参議院で否決された事に関し、毎日新聞はこれを政治介入であるとして厳しく非難した。民意を背負った国会が、それを背負わぬ­官僚機構に対してNOを突き付けた事をして「愚行」と評した毎日新聞は、議会制民主主義を何と心得ているのだろうか?先の読売新聞と似たり寄ったりの新聞報道について糾弾­すると共に、実際は「消費増税の具」と化している交付国債と、官僚機構の姑息な世論誘導について御説明申し上げます。



この動画へのコメント

・河野人事がとおらなくて、マジでよかった~。
・祝!河野龍太郎氏否決!
・新聞てまじ腐ってるな・・・
・愚行を止めるのは新聞の方。
・ちなみに、民主党推薦の河野龍太郎はデフレ・増税容認派。否決さ­れて当然だろう。それにしても、毎日新聞はアホだなぁ。
・政府以外の日銀大株主さまがお怒りになられて、メディアさまを煽っているのでしゃうか?





転載元:蘇る日本! 日本を良くすることができるのは、わたしたち日本人です

img_94216_15150704_0.jpeg

詳しく記事に書いている時間がありませんが、政府は河野龍太郎BNPパリバ証券(※はっきり言って、いかがわしい金転がし)チーフエコノミストを次期日銀審議委員に充てる同意人事を国会に提示しました。


 簡単にまとめると、河野氏は


御用エコノミスト、
構造改革マンセー、
最近は野田政権にゴマをすって「税と社会保障の一体改革」を褒め称える、
震災復興会議では、「復興のために増税しろ」と臆面もなく発言、
民主党の中でも河野氏を推しているのは仙谷氏だけではないかと言われている
(↑ということは、支那・朝鮮とのつながりあり?)
日銀審議員になりたくて、時の政権にゴマをすって発言を左右する
デフレ政策を推し進める白川日銀総裁の言いなりになる可能性大


はっきり言ってろくな人間ではありません。
これ以上デフレ政策を続ければ、日本経済は奈落の底へ突き落されます。
朝鮮・支那とつながっているとみられる仙谷氏が押している人物です。
こんな人間に、我が国の金融政策を決定させて良いのでしょうか?

増税、TPP、日銀のさらなるデフレ政策・・・
これで日本経済の息の根は止められてしまいます。

日本国民は完全に愚弄されています。
しかし、国会議員の先生方でさえ分かっている人はまだ少ないようです。
国民がどんどん声を上げるほかありません。
国会議員の先生に声をあげていきましょう!

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。