スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】あのグレッグ・パラスト氏と美人呼びかけ人

2つの動画を紹介させていただきます。1つは映像配信でもテキストとして取り上げられた「金で買えるアメリカ民主主義」の著者・グレッグ・パラスト氏の動画(13分)です。もう1つはアメリカで起きた口座移動運動の動画(6.5分)です。呼びかけ人は綺麗な女性です。その呼びかけ人が良かったのか7万5000人が立ち上がり8000万ドルもの大金が大銀行から信用組合へ移動したそうです。※動画の転載ができないのでリンクから移動して見て下さい。

【動画】
http://democracynow.jp/video/20111025-3

転載元:Democracy Now!
放送日: 2011/10/25(火)
再生時間: 13分
ウォール街きっての有力銀行ゴールドマン・サックスが、ニューヨークの零細信用組合の募金イベントに脅しをかけたという事件。その裏には、受け取った公的救済資金を悪用して零細金融機関に圧力をかけようとするゴールドマンの悪巧みが・・・
ウォール街占拠の現場近くにあるローワー・イーストサイド・ピープルズ連邦信用組合(Lower East Side People’s Federal Credit Union)は、地元のラティーノ層が利用する小口金融機関です。大銀行から拒絶された公営住宅の住民や小さな商店の経営者が口座を開ける非営利の金融機関で、大手銀行の支店が地域から撤退してしまったときに抗議して集まった住民たちが自分たちで立ち上げた信用組合です。ニューヨークの低所得層を受け入れて立派な業績を上げ、全国的にもモデル視されるような銀行でした。ウォール街占拠のなかから出てきた「大銀行の預金は解約し、地元住民のための銀行に口座を移そう」というスローガンに対しても、いち早く支持を表明し、募金パーティーを開いて政治的な立場を鮮明にしました。
そこに圧力をかけてきたのがゴールドマン・サックスです。LESピープルズ連邦信用組合に対しウォール街占拠への支持を取り下げないと、5000万ドルの寄付を取り消すと脅迫したのです。でも、そもそもどうしてGSが信用組合に寄付をしていたのでしょう?パラスト記者の報告によると、これは2008年のリーマン・ショック後にゴールドマン・サックスが一夜にして投資銀行から商業銀行に変身し、おかげで100億ドルの公的救済を受け取ることができたという、それ自体がスキャンダルのような出来事に関係しています。その際に受け取った100億ドルの一部を地元の貧困層に再投資することが法律で義務付けられていたのですが、そんな貸付をするための窓口を持たないゴールドマンは、LESピープルズ銀行のような零細信用組合に寄付することによって振り替えていたのです。だとすれば、それは寄付ではなく、貧困層に貸し出すことを義務付けられた公的資金です。それなのに、いまやこの資金はゴールドマンによる零細信用組合支配の道具に使われています。
 
いつも歯切れよく鋭い報道のパラスト記者。なんと元はフリードマンの門下生だったそうで、今回は少々プライベートな部分ものぞかせています。(中野真紀子)

ゲスト
*グレッグ・パラスト(Greg Palast) BBCの調査報道ジャーナリスト 『金で買えるアメリカ民主主義』の著者。新著はVultures’ Picnic: In Pursuit of Petroleum Pigs, Power Pirates, and High-Finance Carnivores(『ハゲタカ天国 石油太りの豚とローン肉食獣』)。



【動画】
http://democracynow.jp/video/20111109-4

転載元:Democracy Now!

放送日: 2011/11/9(水)
再生時間: 6.5分
11月5日は「銀行口座移動の日」。大銀行の横暴に抗議して、みんなで一斉に地元の信用協同組合やコミュニティ銀行にお金を預け変えよう。そんな呼びかけがネットで広まり、全米で7万5千人以上が参加を表明し、信用組合には4万口以上の新規口座が開設され、総額8000万ドルが大銀行から移動しました。11月5日といえばガイ・フォークス・デイ、英国人が反逆者の精神を思い出す日です。この日を選んだのは、もちろんアノニマスやウォール街占拠運動に触発されたから。呼びかけ人はクリステン・クリスチャンという、ごく普通の若者。彼女にキャンペーンを思い立った経緯について話を聞きます。(中野真紀子)
英語スクリプトはこちら
ゲスト
*クリステン・クリスティアン(Kristen Christian)「銀行口座移動の日」の呼びかけ人。

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。