スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像以上に深刻です。

転載元から抜粋:kazuの日記 

以下、とても重要な情報が届きましたので、
ご本人の承諾を得て、掲載させていただきます。

二本松の友人からのメール傑作(1)2012/3/20(火) 午後 11:33 予備


二本松の関です。お世話になっています。
(中略)
 さて、原発事故直後、双葉町から宮城の村田町に避難した大工の目黒安信さん(ヤスさん・63歳)からの驚きの情報です。


 皆さん、昨年NHKで放送され反響を呼んだ、「ネットワークで作る放射能汚染地図」をご覧になりましたか。
その中で、木村慎三さんと岡野先生が車で放射能を調査しながら走っていて、第一原発から津島の赤宇木(あこうぎ)の集会所に立ち寄った時に、浪江町からの避難者がいたので驚いて、
「ここは放射能が高いからすぐに避難したほうがいい」
と促した場面がありました。


 ヤスさんは避難する時に集会所に立ち寄ったら浪江町の知り合いが何人もいて、逃げないのかと聞いたら家が心配だからここで様子を見ていると答えたそうです。
その後、集会所の人たちは木村さんたちの話もあって逃げたそうですが何日かはそこに留まっていた。


 その後、今年になって二本松の仮設住宅にいる浪江の避難者Sさん(集会所にいた一人)の具合が悪いと聞いてヤスさんが見舞にいったら、何と喉と顔がパンパンに腫れて酸素吸入をしていた。
二本松に避難して具合が悪いと福島医大に行ったら即、入院。
肺が悪いといわれたそうですが、2ケ月いたら退院させられたそうです。


 その話を聞いて私はこれは甲状腺ガンではないかと思い聞いたら医者からは何も言われてないとのことでした。
ヤスさんに、テレビでは集会所には10人位の人がいたが、他の人はどうなったの?と聞いたら、すでに三人が亡くなっているとのことでした。先のSさんは次は俺の番かなと話していたそうです。
(中略)


 ヤスさんとも話したのですが、赤宇木の集会所にいた人の3人が死んで一人が危ないなんて、これは放射能の影響でなくて何だろうと思うのです。あまり表には出てこなくても影では恐ろしいことが進行しているように思います。
これこそテレビで追跡取材をして欲しい。やすさんは亡くなった方々とは皆、友人、知人で、名前も全部教えてくれました。
年代は60代後半から70代の方たちです。
やすさんは自分の名前は出しても構わない、本当のことなんだからと言ってます。



詳しくはこちらをご覧下さい。はっち

(動画)ネットワークで作る放射能汚染地図で撮影、津島の赤宇木の集会所10人位のうち、既に3人が死亡

コメント

No title

はっちさん、いつも貴重な情報を有り難うございます。この番組私も観ていたと思います。悲痛な面持ちでした。あの頃は腹立たしさばかりが渦巻いていたように思います。そしてこの情報・・・しかも浪江町、双葉町でそれぞれ100人以上の方々がお亡くなりになっていることも知りませんでした。早く現実が明るみになることを思います。

No title

この件について福島から高知に疎開してきた知人が教えてくれたのですが、情報元がその人の近しい知人友人らしくほぼ間違いなく事実のようです。
非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。