スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捏造報道の現場証拠

NHKのシリア情勢についての報道は依然「アサド政権が悪、反政府勢力と欧米が正義」という論調のようです。公正な報道を謳うなら少しは、下の動画のような捏造証拠も報道するべきだと思います。はっち


転載元:NHK NEWSWEB
シリア 政府軍攻撃で犠牲者増える

3月15日 9時30分
アサド政権による市民への激しい弾圧が続くシリアでは、反政府勢力の主な拠点のうち、中部のホムスに続いて北部のイドリブも政府軍が制圧する一方、犠牲者の数はさらに増え続けています。
シリアの政府軍は、反政府勢力の主な拠点のうち、中部のホムスを今月1日に制圧したのに続き、北部のイドリブでもこの数日間、戦車を使って住宅街に砲撃するなど、集中的に攻撃を続け、14日に制圧しました。
反政府勢力は武器の不足などで撤退を余儀なくされたとみられ、現地の人権活動家によりますと、政府軍の兵士らは町の住宅を一軒一軒まわって反政府勢力のメンバーが残っていないかどうか入念に調べているということです。
政府軍はこのほかにも各地で依然、激しい攻撃を行っていて、人権活動家のまとめでは、シリア全土の犠牲者はこの2日間だけで170人以上に上るということです。
シリアで、北部の町イドリブが政府軍に制圧されたことについて、アメリカ国務省のヌーランド報道官は14日、「アサド政権は平和的な抗議活動が行われていたイドリブのような場所にも暴力を持ち込んだ」と述べて、アサド政権の対応を非難しました。
そのうえでヌーランド報道官は「このままでは弾圧が続くだけでなく、悪化することになる」と懸念を示しました。

関連記事
・ 米 シリアに地雷の即時中止要求 (3月14日)
・ シリア“議会選挙5月に実施” (3月14日)
・ シリア情勢巡り米ロ外相が協議 (3月13日)




捏造報道の現場証拠



dandomina さんが 2012/03/03 にアップロード

シリア: 【重要】 アルジャジーラによるやらせ捏造の現場証拠を暴露されました。 2012/3/1

ingoisn 1
アルジャジーラのシリア報道って欧米と同じようなことしかやって­ない。中東の裏切り者。

dandomina
サウジ=カタールはNATOと一体化して、もっというと、アラブ­連盟もNATOと一体化してしまっています。そういう意味ではサ­ウジ=イスラエル=西側の国際銀行家というつながりも見ることも­可能です。
現在、必死にイランまでの戦争に持ち込もうと、インチキ金融で現­時価格を上げていますが、これは、イスラエルとサウジの連合軍の­資金のようです。(ご存知の通り、ブッシュ家とサウジ王族はずぶ­ずぶの関係です。)
アルジャジーラがここ1-2年ひどくなっているようです。 BBCも3-4年前に会長が変わってから、露骨になっていること­も象徴的です。
アルジャジーラは中東報道に比較的まともだという評価が日本であ­るようですが、現在は、(非常に残念なことに)実際は西側のプロ­パガンダメディアとと変わらないということを日本の人たちに多く­伝えたいと思います。
騙されている人たちを糾弾するつもりはありません。彼も犠牲者な­のですから。
他に多くのビデオを字幕付きで紹介しています。よろしければ、ご­覧になってください。love



コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。