スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケールの種情報

昨日、「餓死迫る日本」の著者・小池松次さんとお電話で話をさせていただく機会を得ました。1年半前に脳梗塞を患って、農業はあまりできなくなっているそうですが、講演活動はされているそうです。明日も練馬で講演だそうです。結構全国で講演されているみたいです。30〜40分くらいお話を聞かせていただきました。こちらでもその中の一つをシェアさせていただこうと思います。

超優良野菜のケールの種についてです。自分でいろいろ種を探していたのですが、なかなかこれっていうのが見つからずにいました。そこで、小池さんにお聞きしたのですが、種は、サカタのタネがいいそうです。小池さん曰く、他のは自家採種ができないとおっしゃっていました。サカエのタネだと、なんと、1株で1万個くらい採種できるそうです!有事の際には、それを、まわりに配れば、地域の食料自給が高まりますよね!種の育て方については、「餓死迫る日本」に詳しく書かれてあります。私は、古本で200円くらいで購入したのですが、つい最近まで10000円前後に吊り上がっていてびっくりしました。現在は数千円程度になっています。小池さんも自分の本が10000円もしていることにびっくりされていました。最初は、全然、売れなかったそうですが、3.11以降ものすごく売れ始めたそうです。出版社は、完売できたことに安心して再版はしないとおっしゃっていました。なので、小池さんは、1000冊買い取りで一昨日、出版社に注文したそうです。

とりあえず、ケールを育ててみようと思う方は、サカタのタネがいいのではないでしょうか。3月頃が蒔き時だそうなので、それまでに育て方の勉強、資材の購入、畑の確保など済ませておきたいなおもっているところです。

私は少し多めに種を購入しました。本の内容をコピーして友人知人に配ることは問題ないそうですので育て方の部分をコピーして種と一緒に何人かに配ろうと思っています。

コメント

No title

いつも貴重な情報をありがとうございます。教えていただいてすぐに本を発注したのでお正月明けに届きました(750円でした)。ずっと外に出しておいてようやく手に取ることができるようになりました。サカタのタネは歩いてすぐの場所にあります。私もケールの種をたくさん買って配布することにします。本のコピーを付けてね!

No title

さっそくケールの種を注文しました!
あとは本を探しに行ってきます。
本当にありがとうございました。

No title

Serenaさん

サカタのタネの住所をみて、あれ?もしかしてって思っていました!よかったです!自分ちで穫れたケールでグリーンスムージーが出来たら最高ですね^^

自給の輪を広げていかないといけないですね。明日、「チェルノブイリハート」の上映会と元東電社員の木村さんのお話し会があるので、コピーしてそこにも何部かもっていくつもりです!

No title

horinさん

はじめまして。お役に立ててうれしいです!
無かったときは、言って下さいね^^
こちらこそありがとうございます!

こんばんは。
うちも種の備蓄を始めてすぐ位に、庭の畑に蒔きました。けっこう大きくなるのが早い感じがするのですが、葉はほとんど虫さん達のご飯になってしまいました。うーん(−_−;)また頑張ってみます(^_^;)

No title

totojinさん

虫さん対策も本に詳細に書かれてあります。

タネの備蓄大事ですよね!私達もこの間、買いにいってきました。家の周りは、農家だらけなので、なんとかなるとおもっているのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。