スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりおかしい高知信用金庫

日本経済新聞に全国初の女性理事長が就任したということで高知信用金庫の記事が載ったそうです。その時の記事の末尾に次の1行があり、Twitterで話題になったそうです。

「同信金の2011年3月期の預金残高は5293億円、貸出金残高は757億円、経常収益は611億円。」

5293億円の預金があるにも関わらず757億円しか貸出をしていないのです。他の信用金庫は、どうなっているのか調べてみました。

転載元:Wikipedia
※Wikipediaで貸出金残高を公開している信金をランダムに選びました。

【高松信用金庫】
貸出金残高 2078億円
預金残高 3914億円

【京都信用金庫】
貸出金残高 1兆5,172億円
預金残高 2兆2,491億円

【横浜信用金庫】
貸出金残高 8,633億円
預金残高 1兆4,624億円

借り手となる企業が少ないことを考慮しても、他の信用金庫と比べてみてあまりにも貸出が少ないことがわかります。県民の預金を使って電力会社の大株主となり大儲けしているのでしょうか。そんなことよりも、他の信金と比べてみてあと2000〜3000億くらいは、貸出能力があるのだから、高知県のエネルギーと食料の自給率が高まるような貸出、運用、投資をしてもらいたいものです。

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。