スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『祝婚歌』

子供の頃から、どうして父は母にもっと優しくしないのかそれがずっと私にとって大きな問題でした。母を責める言葉がブーメランのように弧を描いて私を攻める言葉として聞こえていました。最近、その父に自分がそっくりなことに気づき、はっとさせられました。そして、どうしてこの夫婦のもとに生まれてきたのかもわかったような気がしました。

夫婦が仲睦まじくいることがどれだけ子供の心理的な成熟につながり、その子供が大人になった時に社会にどれだけ平和をもたらすか分かるような気がします。


『祝婚歌』 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

転載元:『祝婚歌』より

コメント

似ます!似ます・・・(トホホホ・・・)

親子って・・・良くも悪くも・・・気がついたら似ています(泣)
私も、物心ついたときには、母親みたいにはなりたくない!!と想っていたのが・・・
しっかり似ている・・・(悲)
我が家の長女の口調も、私に似ている・・・(悲)
夫に言わせると、「おかあちゃんが二人もいる」
長女は「小さなおかあちゃん」だそうです・・・
あぁ・・・どうか、あなたたちは私のようにはならないでぇぇぇ~!!と想いつつも・・・
育てたように子は育つ・・・です(><)
「ふざけて、ずっこけて」「光を浴びて」「健康で」
「風に吹かれて」「胸が熱くなって」・・・そんな豊かな日々をおくりたいですね・・・

はっちさん、はちこさん、いつもブログを楽しみに拝読させていただきました♪
今年はブログ上からお世話になりました!

これからも、お二人のブログ、応援しています♪♪

新たな年が、輝かしい未来への始まりとなりますことを心よりお祈り申し上げます。
~komati~

No title

komatiさん

似ますよね笑
以前は、絶対嫌だと思っていたのですが、今は、ちょっと許せるようになってきました笑

komatiさんのこと顔は知ってましたよ!夫婦で子連れってなかなかいないですものね^^
旦那さんは、会場で席が隣になったことが1〜2回ありましたよ。縁があるんでしょうかねぇ、やっぱり笑

こうして、顔見知りではなく、共に歩んでいく仲間として繋がることができてうれしいです!来年もこの輪を広げ、深めていきましょうね!よいお年をお迎えくださいませ!旦那さまにもよろしくお伝えください笑。 はっち

Komatiさん。

このコメントを読んだだけで、笑顔いっぱいのご家族の様子がみえるようです。
この世でもっとも縁のある人たちと、仲良く暮らすことが、この世界に光を灯していくことに繋がるんですよね。。
わたしには才能もないし、何かを極めていくこともできません。ただ、最小の単位で、自分の家族だけをしあわせにすることはできるんじゃないかと思っていましたが、それって自分さえよければって考えなのかなとずっと思っていました。
ところが、竹下さんの教えでは、それでよかったんですね。。もちろん、世の中の流れに賢く判断を下していくことは大切ですが。。
できる範囲で、自分のできることをがんばっていこうと思っています。

応援、ありがとうございます。
楽しみに読んでくださっているなんて、びっくりでした。。
もしか来年が、苦しい始まりの年になろうとも、Komatiさんご家族に笑顔がたくさんでありますように。。
                  はちコ

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。