雑談ニュース

竹下雅敏 雑談ニュース(vol.2:2011/12/8)より転載させていただきました。



▶1. 雑談の導入(キリスト教の嘘)(00:10)
▶2. 決して触れられない中央銀行の詐欺的行為(01:39)
▶3. 政府通貨を発行すればいい(04:41)
▶4. お金を創っている者が支配者(11:31)
▶5. 悪徳銀行は倒産させればいい(16:22)
▶6. まっとうな金融システム(20:33)
▶7. デフレ脱却の処方箋(22:12)

【竹下雅敏氏寄稿、ユニティ・デザインのブログ】

http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/

【映像配信】シャンティ フーラ
http://shanti-phula.net/ja/

【出典講座】
宗教学講座 初級コース 第132回 旧約聖書(アブラハム〜ヨセフ)
http://shanti-phula.net/ja/video/blog/?p=4820

・いちばん大事な本質の部分はメディアは触れない。そこが答え。米国メディアが触れないのはFRB(米連邦準備制度理事会)がどのようにお金を供給しているか。
・日本のバブル崩壊の頃、自分で考えて政府通貨を発行すればいいと気づいた。
・政府通貨:丹羽春喜氏「財政政策で日本を再建せよ!!」(ユニティのブログ)
・リチャード・ヴェルナー氏は天才的な経済学者
・政府通貨を発行しすぎるとハイパーインフレになる。紙幣の回収手段は、最高賃金を設けるか、税金を指数関数的な累進課税にする。
・この世界はお金が支配している。誰がお金を作っているか。サブプライムローンの余波がヨーロッパに来てガタガタになった。救済のための基金をつくり、債権を発行して税金で購入しようという救済策。それよりも銀行を潰して国有化すればいい。
・デフレ脱却に一番有効な方法は政府通貨。国内総生産GDPとのギャップがうまる金額まで発行できる。


コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム