スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらも目が離せない!

ラジオイランより転載させていただきました。
アメリカ元国務長官、イラン政府の崩壊を期待

rice.jpg
アメリカのライス元国務長官が、「アメリカは軍事的な手段を政策から外すべきではなく、イラン政府の崩壊に向け全力を尽くすべきだ」と強調しました。
ライス元長官は、アメリカ・ABCテレビのインタビューで、「アメリカはイラン政府に対するより厳しい制裁までも考慮しており、その崩落に向け全力を尽くすべきだ」と語りました。
イラン核問題をめぐるIAEA国際原子力機関の報告の提示を前に、アメリカとその同盟国は、イランに対する非難や反イランの発言を拡大させています。
イスラエルのペレス大統領は4日金曜、「イランへの攻撃は大いに可能性がある」と発言しました。
またイスラエルのネタニヤフ首相も、先週、議会で、イランの核施設に対する軍事攻撃への支持を取り付けようとしました。
ネタニヤフ首相は、さらに、「イランに対する行動は、アメリカとの完全な協調によって行われるべきだ」と強調しました。
200個以上の核弾頭を保有しているイスラエルは、アメリカとともに、イランが軍事的な核開発を行っていると非難しています。
国連安全保障理事会は、アメリカとイスラエルの圧力を受け、イランに対する4つの制裁を採択しています。
さらにアメリカとEUは、イランのエネルギー部門に対して一方的な制裁を行使しています。
イスラエルが核の不透明な政策を有し、核施設への査察許可や、NPT核兵器不拡散条約への加盟を控えている一方で、イランはNPTに署名し、核の透明な政策に基づいて、IAEAの予告なしの査察を何度も受け入れています。
イスラエルは最近、核弾頭を搭載することのできる長距離ミサイルの実験を行いました。
この実験は、占領地にある空軍基地で実施されました。

コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。