09 -<< 2017-10 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋の魚はどこまで汚染されているのか

昨日、母が買ってきた土佐湾沖で獲れたワカナ(ブリの幼魚)をさばいて握り寿司とアラ汁にしていただきました。美味しくいただいたのですが、その後、呼吸が浅く、苦しくなりました。私の気のせいかもしれませんが、気になります。ツイッターで下の記事を今日、知りましたので紹介させていただきます。



【転載元】太平洋の魚はどこまで汚染されているのか (日刊ゲンダイ)

危険度
◇サンマ
三陸沖では10~11月が漁期。9月1日に北海道太平洋沖合のサンマから1.56ベクレルのセシウム
◇カツオ
「もどりガツオ」に要注意。9月30日に日本太平洋沖合北部のカツオから12.8ベクレルのセシウム
◇サケ・マス
5月に岩手県沖のカラフトマスから77ベク
レル、同海域のシロサケから4ベクレルのセシウム
◇タラ
8月21日の登別市沖のマダラから43ベクレルのセシウム
◇マグロ・ブリ
事故から半年、大型魚に放射性物質が蓄積。クロマグロやブリは日本中を回遊
◇サバ
8月北海道・青森県沖太平洋のゴマサバから13ベク
レル、10月4日に青森県沖で6.9ベクレルのセシウム
◇イワシ
煮干しは骨ごと食べるので、ストロンチウムも心配
◇ヒラメ・カレイ・スズキ
小魚を餌にするスズキやヒラメに放射性物質の濃縮が始まっている
◇コンブ・ワカメ
福島県以外では海藻類の検査がほとんど行われていない
◇ウニ
8月24日にいわき市のキタムラサキウニから950ベクレル
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

gayatori mantora

「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すホ・オポノポノが効果があることは広く知られていますが、人類が授かった最強のマントラといわれるガヤトリーマントラを繰り返し唱えることは計り知れない効果があることはあまり知られていないようです。

はっち


オーム
(宇宙のはじまりのめでたき音)

ブール ブワッ スワハー
物質的な世界、心の世界、天界。〔そのすべてに満ちている〕

タット サヴィトゥール ワレーニャム
至高の「あの存在」のみなもとをたたえます。

バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
精神の光を、「あの存在」の聖なる真理を、深く瞑想いたします。

ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ
知性によって、われらに光があたえられ、絶対の真理をさとることができますように。

(正しくものを見る目が開かれますように。神さまどうかお導きください)
【転載元】


【動画】
ガヤトリーマントラの基本知識

【音源】
ガヤトリーマントラ無料ダウンロード

【CD】
ガヤトリーマントラのCD

【ガヤトリーマントラに関する超オススメ書籍】
P1030138_convert_20111210173407.jpg
【ガヤトリー・マントラの祈り】
P88に必見のメッセージ有り!!



  【ガヤトリー・マントラに関する美術作品】
P1030141_convert_20111210173502.jpg
 【アージュナー・チャート】
※二度と作れない貴重品らしいです!



 【中西征子さんが描かれた至高四柱】       
左上:サラスヴァティー女神
右上:ガヤトリー女神
左下:サーヴィトリー女神
右下:アンナ・プールナー女神
至高四柱縮小版1
【神々・妖精のイラストより転載】

 

オススメ 

side_logo_20140330005816bc2.png                    
 

四万十からの写真

 

プロフィール

 

ぷるぷるカウンター

 

検索フォーム

 
 
 
 
 

Twitter

hatti526 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。