スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩的寓話 忘れられた叡智 - 目に見えない資本主義 

詩的寓話 忘れられた叡智 - 目に見えない資本主義 / 作・田坂広志

遠い昔、21世紀の初頭、グロバリア国では、人々は「野蛮な資本主義」と呼ばれる制度の下で暮らしていた。ある時、アメリア村の商人サブプリモが大量の偽商品を販売し、そ­の結果、国全体が深刻な経済危機に陥った。ジャポニア村の智恵子と賢治は、破産によって悲しみの底に突き落とされた両親を思い、この危機を繰り返さないためにはどうすれば­よいか、ジャポニアの村長や経済学者、そして森の聖人に、教えを請いに行く。最後に、智恵子と賢治が見い出した答えは予期していなかったものであり、同時に、深く、腑に落­ちるものであった。



コメント

非公開コメント

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。