スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィラ・ロボス 練習曲第1番



こんにちは。
コメントをいただいた方からの勧めもあり、生活の合間に弾いてみる事にしました。
お蔭さまで、とても良い気分転換になっています。

上の動画は、ヴィラ・ロボスの練習曲第1番 という曲です。
このような逸話があります。

ブラジルの大作曲家ヴィラ・ロボスがナルシソ・イエペスの依頼で作った「ギターのための12の練習曲 」の第一番で高速で流れるような美しいアルペジオの練習曲です。

ヴィラ・ロボスはイエペスがブラジルに来て練習曲を書いて欲しいと依頼されたときに、ピアノに向かって物凄いスピードで音階を弾き、ギターにはこのような真似は不可能だからギターでクラシックを表現することは出来ないと言って断りました。

しかし、イエペスは、ヴィラ・ロボスの前で、右手の小指(ch)まで使って、驚異的な速度で音階を弾きました。それに驚いたヴィラ・ロボスが「12の練習曲を書くよ。」と言ってイエペスに送ったのが、クラシックギターの演奏者なら誰でも知っているこの有名な「ギターのための12の練習曲」です。
出典:ヴィラ・ロボス 練習曲1番 アンダンティーノ
http://blogs.yahoo.co.jp/sharmanqueen/15818190.html

イエペス:ヴィラ・ロボス 練習曲1番



ヴィラ・ロボスといえば、「ブラジル風バッハ5番」の冒頭が凄く綺麗で好きです。
キャサリン・バトルが歌っています。とても美しいと思います。


追記:
ロバート・チソさんのグラスハープが更新されていました!!
新感覚です!
スポンサーサイト

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。