スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古新居⑥ ひのP

古新居

最近、古新居のすぐ近くにそびえ立っていた檜(ひのき)が伐採されました。
気づいた時には、チェーンソーの音がして、切り倒されようとしていました。

心苦しく思うのは、ちゃんと檜に語りかけ許可をとってからにしたかったことです。
切る理由は、随分大きくなり、もし隣の家に倒れたら大変なことになるということでした。

P1040235.jpg

この写真は、製材所に持って行って板にするために軽トラに乗せるところです。この原始的な道具で1トン以上のものでも持ち上げることができるそうです。

P1040237.jpg

積み込みが終わって、製材所に向います。私も興味があって付いて行ったのですが、”大井川(私が住んでいる地区)の北海道”と呼ばれているほど、寒いところだったのが印象的でした。その寒さは、山の陰にあることと四万十川から吹き上げてくる川風によるものらしいです。

P1040259.jpg

P1040257.jpg

数日後、立派な板になり、帰ってきました!
製材費用は6000円かかったらしいです。

古新居に住むにあたり、わずかながら祖父に家賃を払うようにしましたが、こういうところにお金を使っていただくと非常にありがたいです。べらぼうな酒飲みの祖父は、近くのスナックで気前よく使ってしまいます(笑)近年、そのスナックは新築されましたが、祖父が多大な貢献をしたことは間違いありません!

製材された板は、ありがたく築90年になる家の床板になったり、修復や、その他、様々なものになってゆくと思われます。

さて、
作業場には、たくさんの板の切れ端があるのですが、
以前、はちコがボソッと(←ここがポイント)

「巣箱があるといいね」

と言っていたのを思い出し、
私にしては珍しく、1時間程で作ってしました!
こちらです。

P1040278_20130126153912.jpg


この巣箱ですが、
以前、コメントでカウンターから見える電信柱へのツッコミがあったので、その天辺に取り付けるか、シンボルツリーの檜につけるか、思案中です。

E58699E79C9F-8_20130126180635.jpg

それと、ひろぱんさんに習って、シンボルツリーの檜に名前を付けることにしました!
その名も

「ひのP」!!!

あれ、どこかで似たような名前があったような(笑)


トイレはどうなっているかというと、
以前、漆喰の下塗りをアップしたのですが
その部分を仕上げました!

P1040280.jpg

何事も、視点を変えてみる必要があるということで、
手つかずのところもご覧くださいw

P1040281.jpg


板をはぐって見ると、ごっきーさんが冬眠していたました!
最近は、ごっきーさんも全然、平気になりました。
ポイントはよく見る(観る)ことにあるようです!

普通は忌み嫌われる存在ですが、
世の中には、そんなごっきーさんをちゃんと愛でられる方もいらっしゃいます。
そういう方の意見や考えをよく聞いてみるというのもすごく良いと思います!

P1040282.jpg

とぅびーこんてぃにゅー…

マイブームw
スポンサーサイト

ぷるぷるカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。